外貨投資の心得


外貨投資の場合はどうしても金利の高い外貨を買って金利差を得たいという金利収入に重点をおいた投資をしたいと思う人が多いと思います。一撃FX、レバレッジをかけない外貨預金タイプの運用であれば、円高になって含み損が出ても気長に何年かおいておけば確実に金利収入は入ってくるのでリスクはそれほど高くありません。

ホームページ1

ホームページ2


投資する時は必ずどれくらいの期間でどの程度の利益が出ればよいかという目的をはっきりさせることです。そして目標期間と目標利益が決まったら、途中の含み損はあまり気にしないことです。1円も損をしない投資というのは不可能なので、ある程度の損益のブレは覚悟しないといけません。レバレッジをかけて運用する場合はもっと慎重に資金管理をしないと危険です。初心者は手元の資金の2倍程度の運用が安全です。なぜかというと数年単位で見ても今はドル以外の外貨が円に対してかなりの割高水準にあるためです。 さらに、円高になった時の対応として1つくらいは外貨の「売り」ポジションを持つことです。円高になった時にこの売りポジションが利益を出してくれるので、大きな被害を受けずにすむからです。最初は少額すぎると感じる金額からスタートして最初の半年間は大きな勝負にでないで為替相場に慣れることが大切です。

一撃FX,レバレッジのコツ,FXと新規失業保険申請件数,外貨投資の心得