レバレッジのコツ


レバレッジは3倍程度までを基準にし、それ以上のレバレッジにする場合は、リスクヘッジの意味で円高リスクをヘッジできる外貨の「売り」ポジションを持つ事です。円高は2週間〜1ヶ月程度で周回するのでスワップポイントの払込はあまり気にせずに値動きリスクを避けることを目標にポジションを持つことです。

ホームページ1

ホームページ2


例えばポートフォリオ的に、豪ドル/円の買いポジションとユーロ/円の買いポジションを持っているなら、ドル/円は売りポジションを持つというような感じです。スワップポイントはレバレッジをあまりかけない金利収入目的の場合の運用方法なので、とりあえずはレバレッジは2倍程度でオセアニア通貨などを持つのがいいでしょう。豪ドルやNZドルは政策金利が7〜8%程度あるので、レバレッジをかけなくても年間で6%程度の金利収入が見込めるでしょう。レバレッジ2倍なら年間12%になりますので、あまり欲張らないことが失敗しないコツです。そして数年単位の複利運用をすれば年利10%の威力は大きいものです。

一撃FX,外貨投資の心得,FXと新規失業保険申請件数,レバレッジのコツ